慢性腰痛と急性腰痛について

2020年03月9日

練馬の皆さんこんにちは!
整骨院てあて家練馬院です。

前回、「腰痛が増えている」といった記事をブログに書きました。
それではこの腰痛、なったらどうしよう?というところを、今回は書きたいと思います。

まず、腰痛は二つに分かれます。

一つは、「慢性腰痛」。もう一つは「急性腰痛」。

二つの違いはなんでしょうか?

慢性の方は、なんか知らないけど、いつまでも痛みが出て、ツッパリ感が出ていて、日によって痛みも弱かったり強かったりするタイプ。

急性の方は、その名の通り、急に起こる痛みです。比較的強い痛みのことも多く、その場で崩れ落ちたり、何かの動作の途中で、動けなくなったりすることもあるタイプ。よく言う「ぎっくり腰」は、こちらになります。

この二つでは、ケアが全く違ってきます。

慢性は、温めてあげる。

急性は、冷やしてあげる。

この違いは、慢性腰痛が筋肉の緊張で起きていることが多いことに対して、急性の方は、筋肉の緊張と、更には『炎症』も起こって出ている痛みが多いからです。

温めてあげるのは、筋肉の温度を上げることによって、血流を促進し、筋肉の緊張を和らげることで、痛みの緩和や回復をしやすくする為です。

冷やしてあげるのは、炎と書くだけあって、炎症を起こすと筋肉自体が熱を持つ為、その熱を下げ、炎症が広がるのを防止する為です。

 

 急性をちゃんと治療しないで、そのまま腰痛が慢性化する方も少なくありません。

 

二つの腰痛に共通するのは、骨盤が歪んだまま生活すると、歪みの負担で、コリ、緊張、血流の阻害が起こって、どちらかの痛みになりやすいということです。

 

ご自身のケアと、てあて家のケアで、リスクはグッと下げられます。

腰、痛くなる前にてあて家の骨盤矯正と整体でケアしてください!!


ページの一番上に戻る