夏バテについて3

2019年08月12日

練馬の皆さんこんにちは!
整骨院てあて家練馬院です。

2回にわたり、「夏バテ」についての情報をお届けさせていただきました。

今回はおすすめの夏野菜について、栄養素とその役割をお伝えします!!

温室栽培や輸入によって欲しい野菜がいつでも手に入る現代ですが、旬の野菜は季節にあった効能のあるものばかり!

まずは夏バテの予防と改善に注目すべき栄養素「ビタミン」の働きと効果を簡潔にお伝えします。

 

  1. ビタミンA
    目や皮膚の粘膜を健康に守ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。過剰摂取は頭痛の原因になるので注意!
  2. ビタミンB
    疲労回復、健康維持、アンチエイジング効果があるため、ぜひ積極的に摂っておきたい栄養素です。
    特にビタミンB1は糖質からエネルギーを産生したり、皮膚や粘膜の健康維持を助けます。
    ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変えてくれる重要な働きを担っています。
  3. ビタミンC
    コラーゲンの産生に不可欠なビタミンで、美容のためのビタミンとして知られています!
    水溶性のビタミンで、一度に多量に摂取しても身体に留まらないため、少量を何回かに分けて毎日摂取する方が効果があります。
  4. ビタミンE
    体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化に関する疾患を予防することが期待されます。

 

それでは、今が旬!オススメ夏野菜をご紹介します!!

 

  1. トマト
    注目の栄養素:ビタミンA、C、E、リコピン、カリウム
    赤い色に含まれる「リコピン」には免疫力を高めたり、癌や老化を予防する効果があります。
    実は普通の大きいトマトよりもミニトマトの方が栄養価が高いんです!!

  2. キュウリ
    注目の栄養素:ビタミンC、カリウム、(水分)
    キュウリはほとんどが水分なので、栄養価が低いことで知られています。旬の季節に食べるきゅうりにはビタミンCが2倍以上含まれています。
    ぬか漬けにするとビタミンBも摂取できるため、夏にぴったりの野菜ですね!
  3. ナス
    注目の栄養素:ポリフェノール、アントシアニン、カリウム
    低カロリーでダイエットにぴったりの野菜です。またアントシアニンは目の疲労回復に役立ち、夏には嬉しい体を冷やす作用もあります。
  4. トウモロコシ
    注目の栄養素:ビタミンB1、B2
    たんぱく質と糖質が主成分で、野菜の中では高カロリーですので、食欲のないときや間食におすすめです。ビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、鉄など、ミネラルをバランスよく含んでいるため、夏バテ対策への期待が高い夏野菜ですね!!

 

夏本番!ということで今回まで3回にわたり「夏バテ特集」をお送りしました。
少しでもお役に立てたなら幸いです。

それではみなさん!暑さに負けず、元気ある毎日を過ごしてくださいね!!


ページの一番上に戻る