夏バテについて2

2019年08月5日

練馬の皆さんこんにちは!
整骨院てあて家練馬院です。

夏ですね!!!
暑さの厳しい近年の夏。快適に過ごすのは難しいかもしれませんが、楽しい夏にしましょう!
夏といえば夏休み!海に山に川!とにかくイベントやレジャーが目白押しです!

 

夏バテなんて撃退して、1つでも多く楽しい思い出を作りましょう!

 

前回の「夏バテについて1」では、「夏バテとは?」についてご説明させていただきました。

今回は「夏バテ対策」についてのお話しです。
「自律神経の乱れ」「栄養不足」が原因であることはご理解いただけたかと思いますが、それを回避する、もしくは克服するためには具体的にどうすればよいのか?その辺りのコツをお教えします。

【生活習慣(自律神経)】
まずは何といっても冷房です。体が冷えることで血行不全、肩こりや腰痛などを起こしやすくなります。汗をかくことも減るので、交感神経の働きが鈍って、体温調節機能が働きにくくなります。つまりは自律神経が乱れやすくなるのです。外気温と室温の差が大きいことも自律神経を乱す原因ですね。

<対策>
「冷えによるダルさ」には入浴や適度な運動により血行をよくすることが効果的です。入浴の場合は「熱すぎない」「長すぎない」を守りましょう。汗のかきすぎは逆に冷えや脱水を招きかねないのです。
多量の発汗に関しては、激しい運動も要注意です。軽い体操(ラジオ体操など)やストレッチで十分ですので、取り入れてみてください。
エアコンの温度設定ですが、外気温との差は5℃程に留めておきましょう。激しい温度差は自律神経を乱しやすいです。

ご存知かもしれませんが、夏の暑さを乗り切るのに重要なのは「汗をかく機能」です。そもそも汗というのは体から熱を放散させるためのもの。その汗をかく(体温を調節する)機能を高めるために、しっかりと夏の暑さを体感し、体に対応させることが重要になります。
「短期暑熱馴化」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?「暑さに慣れて、暑さに対応できるようになること」です。暑さに慣れると汗が出始める気温や体温が低くなり(早い段階で対応するようになり)、汗の量が増えて体温は上がりにくくなるため、暑さに対する耐性も高まります。早く暑さに慣れるためには、屋外で思いっきり暑さを堪能することも大切なのです。もちろん、適度な水分補給は忘れずに!!

【食生活】
冷たい飲食物を過剰摂取すると消化器官の機能が低下し、食欲不振から元気がなく、疲れが抜けなくなります。これは主に冷えからくる症状ですが、食欲不振を起こすのは冷えだけではありません。水分補給の際に飲む清涼飲料水(ジュースやスポーツドリンクなど)には多くの糖質が含まれているため、血糖値が上昇することで、食欲の減退につながります。

夏は熱中症予防のためにとにかく水分補給を促されます。しかし食事の際に水分を摂りすぎると、胃液が薄まって消化に時間がかかり、胃の負担が大きくなってしまいます。

<対策>
冷たいものを摂りすぎない
内臓を冷やさないように気を付けて、様々な生理機能が低下しないようにしましょう。

食事以外で糖質を摂りすぎない
食欲低下の原因になり、様々な栄養素が不足してしまいます。

食事は量よりも質を意識
少量であっても1日3食、栄養バランスのよい食事を摂りましょう。

  • 良質のたんぱく質
    卵、肉、魚、牛乳など動物性のもの
  • ビタミン
    野菜や果物など
  • ミネラル
    牛乳や海藻など

水分補給のタイミングに注意
胃に負担をかけないようにするためには、食事中の水分はコップ一杯程度に抑えるのが理想です。汁物がある場合はコップ半分程度にするとよいでしょう。

香辛料や栄養素を狙ってとってみる

  • ショウガやワサビ、コショウなどの香辛料は食欲を増進させます。ピリ辛スパイスは胃液を分泌させ、血行や発汗を促し新陳代謝を盛んにします。
  • クエン酸には疲労物質である乳酸を排除する効果があります。また、酸味は胃液の分泌を促します。
  • ビタミンCが不足すると体のあらゆる機能に支障をきたしますが、免疫機能やストレス耐性も低下します。
  • ビタミンB1は糖質、脂肪をエネルギーに変換する際に必要なビタミンです。

 

まとめ

「規則正しく、極端でない生活を送る!」

「食事は旬なものを多めに、バランスよく!」

暑さ対策をして、夏ならではのイベントやレジャーを思いきり楽しみましょう!!!

それでは皆様、暑さにまけずにお元気で!

 


ページの一番上に戻る